太陽光発電ニュース

2016年01月22日

約13.7MWの水上設置型メガソーラー 「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」の建設開始について

一覧へ
東京センチュリーリース株式会社と、京セラ株式会社が共同出資する京セラTCL ソーラー合同会社は、千葉県市原市にある山倉ダムにおいて、水上設置型として世界最大(2016年1月15日時点、京セラTCLソーラー調べ)となる約13.7MWの太陽光発電所「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」の建設を開始するにあたり、1月21日に安全祈願祭が執り行われました。

この発電所は、千葉県企業庁が管理する工業用水専用の山倉ダムの水面約180,000を平方メートルを利用し、京セラ製太陽電池モジュール約51,000枚を設置する計画で、2017年度中の稼働開始を予定しています。また、年間予想発電量は約1,617万kWh(一般家庭約4,970世帯分の年間電力消費量に相当)で、年間約8,170tのCO2削減に貢献する見込みだそうです。
発電事業は、同ダムを管理する千葉県企業庁が、地球環境の負荷軽減などを目的に2014年10月に公募した案件です。2014年11月に京セラTCLソーラーが事業候補者として決定され、その後、電力会社や関係行政機関などと協議を重ね、このたびの建設開始となったとの事。また、発電所の建設・運営にあたっては、ダムを水源としている受水企業や地域住民の方々の協力を得るとともに、発電所周辺には環境学習施設を整備するほか、近隣の小学校にて環境出前授業を計画されています。

全国各地で太陽光発電所の建設が進み、事業用地が減少していく中、京セラTCLソーラーは、ダムやため池などの水上設置型に注目し、水上ソーラー発電所の整備・運営を手掛けています。2015年3月には兵庫県加東市で約1.7MW、同年6月には兵庫県加西市で約2.3MWと、それぞれ当時の世界最大となる水上ソーラー発電所を相次いで竣工し、運営を開始しています。また、水上ソーラー発電所の施工は、京セラコミュニケーションシステム株式会社が手掛け、稼働後の維持管理は株式会社京セラソーラーコーポレーションが担当しており、京セラグループとして、水上ソーラー発電所の施工や維持管理に関する技術、ノウハウの蓄積を図っています。
京セラTCLソーラーは、日本にはダムやため池、調整池などが数多くあることから、引き続き水上ソーラー発電所の導入を積極的に推進していく方針です。

(ニュースリリース)
京セラ株式会社
http://www.kyocera.co.jp/news/2016/0105_riag.html