太陽光発電ニュース

2016年01月04日

太陽光発電パネルからの落雪注意 JPEAが注意喚起

一覧へ
太陽光発電協会(JPEA)は、12月22日より、太陽光発電パネルからの落雪事故を未然に防ぐため注意喚起を促しました。

降雪量や頻度、雪質など地域ごとの気候条件や屋根の仕様等によって異なる為、地元の状況に詳しい設置業者、工務店、屋根工事店等に相談し、適切な処置を行うよう発表しました。
落雪による主なトラブルは、太陽光発電パネルから大量の雪が勢いよく落ちてきたことで「車の屋根がへこんだ」、「隣家の庭の植木を折った」、「屋外に設置していた給湯機などの設備を壊した」、「テラスの屋根が壊れた」、「雪が落ちてきて子供にあたりけがをした」などの事例が報告されています。

(ニュースリリース)
太陽光発電協会(JPEA)

http://www.jpea.gr.jp/pdf/t151222.pdf