太陽光発電ニュース

2015年12月09日

GMOクラウド、低圧向けソーラー発電施設見える化サービス「エナジーモニター エア」提供を開始

一覧へ
GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社は、エネルギーマネジメント事業の第3弾として、ソーラー発電施設(50kW未満低圧連系)向けに、よりシンプルかつ低価格で利用できるSaaSの低圧ソーラー発電施設見える化サービス「エナジーモニター エア」を2015年12月3日(木)より提供開始したと発表しました。

「エナジーモニター エア」は、GMOクラウドが2015年1月から提供している分譲型低圧ソーラー発電施設向けの「エナジーモニター プライム」をシンプルなサービス構成へと再開発した、簡単かつ低価格に導入できるサービスです。電力量やエラーの警報は、パワーコンディショナーから直接計測するため、より精度の高い情報を取得できます。

同社では、これまでITインフラの提供で培ってきた技術やノウハウを、産業の垣根を越えた取り組みに活かすことでIoT(Internet of Things、モノのインターネット)化を推進するべく、エネルギーマネジメント事業へ進出しています。その第1弾として、2015年1月にはソーラー発電施設(50kW未満低圧連系)に設置する機器をすべてインターネットにつなぎ、発電状況をPCやスマートフォンで確認できる、クラウド基盤のSaaS型見える化サービス「エナジーモニター プライム」を提供開始し、同年5月にはメガソーラー発電施設(2000kW未満高圧連系)向けにもサービスを拡充し、「エナジーモニターグランデ」として提供しました。

こうした中、より簡単に最小コストで導入できる見える化サービスを望む声が多く寄せられていたことから、シンプルなサービス構成により、低価格で発電状況を測定できる「エナジーモニター エア」を新たに開発しました。

(ニュースリリース)
GMOクラウド株式会社
http://ir.gmocloud.com/news/press/gmo-hs/150129_2524.html