太陽光発電ニュース

2015年10月29日

シャープ 北海道に太陽光発電メンテナンスセンターを開設

一覧へ
シャープは、北海道における太陽光発電所のメンテナンス業務を行う「シャープ 北海道太陽光発電メンテナンスセンター」を苫小牧市に開設し、本年12月21日より運用を開始すると発表しました。

同センターでは、シャープが建設を手掛けた太陽光発電所5箇所(合計出力規模約85MW-dc)のメンテナンス業務を請け負います。北海道には規模の大きな太陽光発電所が多く、敷地も広大なことから、定期点検や修理・補修など、効率的なメンテナンス業務の運営が求められており、今般、道内に拠点を設置することで、迅速かつきめ細かなメンテナンスサービスの提供が可能となっています。

【センターの概要】
拠点名: シャープ 北海道太陽光発電メンテナンスセンター
所在地: 北海道苫小牧市柏原6-322
敷地面積: 約3,000m2
運用開始日: 2015年12月21日

シャープ株式会社-ニュースリリース
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/151028-a.html