太陽光発電ニュース

2015年09月24日

シャープと芙蓉総合リース、三重県いなべ市にメガソーラーを建設

一覧へ
 シャープと芙蓉総合リース株式会社が共同出資する合同会社クリスタル・クリア・エナジーは8日、三重県いなべ市において「シャープいなべ丹生川太陽光発電所」を建設し、運転を開始したと発表した。

 同発電所は、約34,000㎡の敷地に建設された設備容量約2.4メガワットのメガソーラー。年間想定発電量は約268万キロワット時になる見込みだ。シャープは、開発・建設から運転保守・管理までを担当した。

 同社は、今後も太陽光発電所の建設及び発電事業を推進し、再生可能エネルギーの普及に努めたいとしている。

シャープ株式会社 – ニュースリリース
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/150908-a.html