太陽光発電ニュース

2015年07月24日

パナソニック、25年保証のHIT新製品の受注を開始

一覧へ
 パナソニック株式会社エコソリューションズ社は23日、無償で25年間保証する太陽光パネルの新製品の受注を開始すると発表した。

 新たに受注が開始されるのは、PS工法に対応した標準タイプのP250αPlus(VBHN250WJ01)とそのハーフタイプであるP120αPlus(VBHN120WJ01)、現行工法に対応した標準タイプ245αPlus(VBHN245SJ33)とそのハーフタイプである120αPlusの4製品。このうち、P250αとP120αは受注生産品となる。いずれも無償で25年間の出力保証・機器保証が適用される。

 PS工法とは、設置時の太陽光パネル間の省スペース化を図り、意匠性の向上を目指した新工法。架台フレーム上をスライドする固定金具を使用する仕組みとなっており、設置時に電動工具を使わないため施工性の向上も実現されている。

 受注開始日は245αPlus・120αPlusが2015年9月24日から、P250αPlusとP120αPlusが2015年10月14日となっており、今年度で5万セットの販売を目指す。

パナソニック株式会社 – プレスリリース
http://news.panasonic.com/press/news/data/2015/07/jn150723-1/jn150723-1.html