太陽光発電ニュース

2015年07月16日

三菱電機、無鉛はんだを使用した国内住宅用モジュールの新製品7機種を発売

一覧へ
 三菱電機株式会社は15日、国内住宅用太陽光発電システムの新商品として、無鉛はんだを使用した単結晶型太陽光パネル「マルチルーフ®」230Wシリーズ全7機種を発売すると発表した。

 「マルチルーフ®」230Wシリーズでは、封止材の光透過性の向上やセル間の配線を従来品より厚くすることで発電ロスの減少に成功しており、高出力化が実現されている。工場出荷検査時に公称最大出力値以上の出力を確保する「プラストレランス基準」の運用により、公称最大出力以上の発電量を確保していることも特徴だ。

 発売に際しては長方形・スリム・スリムハーフ・ハーフ・台形といった多彩な形状がラインナップされており、屋根のスペースを最大限に活用することができる。発売開始は2015年8月25日から。

三菱電機株式会社 – ニュースリリース
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2015/0715.html