太陽光発電ニュース

2013年01月24日

徳島のソーラー発電所が稼働

一覧へ
 結局、自分たちでできること、しかもなるべくお金をかけずにとなると、ポータブルなソーラー発電器と高性能なポータブルバッテリーを組み合わせて使うといった方法がある。SBエナジーの「おうち発電プロジェクト」で6kW以上の設置パネルの10年以内の解約料198,000円と、ちょうど同じ金額でGoal Zeroの「Yeti 1250 Solar Generator」というAGM鉛蓄電池を搭載したポータブル電源が購入できる。

電池容量1250Wh、ノートPCの満充電約20回、スマホなら約240回充電できる。100ボルト最大1200ワットの連続供給が可能なので電子レンジ(500ワット)やモノクロレーザープリンター(最大500~750ワット前後)といった機器を動作させることも可能だ。低消費電力なカラーレーザープリンター(最大1000ワット以下)も動かすことが可能だ。性能的には劣るけれど、さらに安価なポータブルバッテリーでも、似たような使い方ができるだろう。

Yeti 1250 Solar Generatorは家庭用コンセント、ソーラーパネル、車のシガープラグから充電できるようになっている。百万単位の大金を投入せずともスマホやノートPCの充電は、このポータブルバッテリーから行うようにするなどすれば、自然エネルギーの活用という点に少しでも貢献できると思うのだがいかがだろう。

(記事:ガジェット通信)